ある程度歳を重ねてくると性欲が減退してきたなあという風に感じることがあるのではないでしょうか。若い時に比べてセックスの回数が減ってきたり、下半身に元気さが無くなったり、女性を見てもするに反応しなかったりする場合に感じることがあります。そもそもの話興味がわかない時は性欲減退と共に性欲が無くなっているのかもしれません。セックスする機会自体が少なくなるとより性欲減退につながります。

男性の性欲は男性ホルモンの減少と共に減っていく

男性の性欲はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌によって促進されます。テストステロンは思春期にかけて分泌量を増やしていき、男性の体ができてくる20代をピークに基本的に減少していきます。いくら健全な男性であっても年を重ねると共に減っていき、50代にもなると分泌量はピークの半分ほどまで低下します。

男性ホルモンの分泌量が減るというのは仕方ないとしても、40代以降に性欲が旺盛かそうでないかというのは個人差が大きいです。個人差というのは今まで過ごしてきた生活習慣の違いに起因し、50代以上であっても性欲が旺盛な人もいます。

性欲減退する理由は精神的な問題が大きい

性欲減退する原因としては精神的な問題や生活習慣の乱れ、病気などさまざまありますが、だんだん性欲減退の症状が表れてくることが分かります。性欲減退しないためにもこういう原因ともなるべきものを取り除く必要が出てきます。

ストレスがあるとどうしてもそのことばかりを考えてしまうので、あまり性交渉に気持ちが向かわないということもあります。まずはストレスを解消するということが大切ですが、酒を使って解消しようとするとかえって性欲減退につながったりします。

特にストレスによって精力が減退しているのであれば、ストレスを溜めないという過ごし方が欠かせません。仕事に追われるだけでなく、趣味の時間や適切な運動、家族との時間をうまく利用してストレスを発散するようにしましょう。

性欲減退に悩んだままではなくきちんと解決に向かう

性欲減退を克服するのに手っ取り早いのは、男性ホルモンの量を増やす必要があります。病院に行って男性ホルモンを注射するということも可能ですが、一般的な方法ではないです。ウェイトトレーニングなどで筋力をつけることによって男性ホルモンを増やす効果があります。

自分は精力が衰えてしまったというのであればバイアグラやサプリメントを使用するというのも全然悪くありません。いろいろと種類がありますので、自分にとって効果があるものを選ぶようにしましょう。決して値段の安さだけで決めてしまうのでは後悔してしまいます。

性欲減退で悩んでいるのであれば、いつまでたっても悩んだままでは仕方がないので、何とか解決に向かうようにしたいものです。肩肘張らずに気楽な気持ちで解決策を試して見るのが重要なポイントです。

性欲減退は男性で年を重ねたら誰でも起こりうる問題

性欲減退は男性ホルモンの低下によって誰にでも起こり得る問題になります。しかし、その程度を上げ下げするのはそれまでの生活習慣やストレス、病気などが要因になります。30代であっても性欲減退に悩む人がいる一方で、50代になってもあまりそういう問題を感じない人もいます。性欲減退に悩んでいるのであれば、上記にある何らかの対策をすることをお勧めします。