勃起不全は中折れとも呼ばれる

精力減退の症状と言えば勃起不全や勃起不能、早漏の3つです。勃起不全とは中折れとも呼ばれ、勃起自体がするのですが、すぐに萎えてしまい中折れする結果になります。その原因は男性ホルモンや血流量の減少です。男性ホルモンが減少してしまうと、勃起を促してくれる神経が弱まってしまい、それによって血流量が不十分なまま途中で萎えてくるわけです。男性ホルモンの減少は更年期に起こる現象の一つなので、40代以降から多く見られる現象になります。

勃起不能はEDとも呼ばれる

勃起不能はEDやインポテンツとも呼ばれ、性的刺激を与えたとしても精神的なものや特別な疾患・外傷によって勃起ができないだけでなく、それを治すことができずに子孫を残すことすらできないこともあります。原因としてあてはまるのが精神的なものや疾患や外傷が原因のもの、2つが混合したものの合計3つあります。

早漏は若い人と年を重ねた人とで原因が違う

早漏は挿入後すぐに射精してしまうことを言います。射精をコントロールできなくなるとすぐに射精するという現象が見られます。若い人の場合は敏感すぎてコントロールできずに早漏の症状が起こるのですが、年を重ねた人は男性ホルモンの減少によってそういう症状が起こります。

精力減退は目の疲れにもつながる

精力減退の症状は下半身だけでなく、目の神経や筋肉ともつながっています。特に視力が落ちて着たり、かすみ目に悩むようになってきたら精力が落ちてきているというサインでもあります。そうならないためにもその原因を取り除く必要があります。