男性ホルモンの減少により性欲が落ちる

男性ホルモンは20代をピークとして年齢を重ねていくにつれて減少していき、40代になるとピークの半分ぐらいに低下します。40代に差し掛かって性欲が落ちたという男性が多い理由は男性ホルモンの減少と関係があります。

一昔前であれば男性で更年期障害が起こるとは言われなかったわけですがですが、男性ホルモンの減少によってホルモンバランスが崩れることにより男性でも更年期障害が起こるというのは今や当たり前のことです。男性の更年期障害の代表的な症状が性欲低下です。

40代は性欲の曲がり角

40代は性欲の低下を自覚してしまう年代で、今まで感じなかった衰えをどうしても実感してしまいます。40代になっても性生活を充実させることというのはとても大切ですし、人生に張りが生まれてきます。性生活を充実させたら、50代以降になっても性欲の衰えが小さくなります。生殖機能を使わなくなると衰えが大きくなりますので、十分に気をつけてください。

生活環境の変化や乱れに気をつける

40代男性になると運動をしなかったり、会社で上司と部下の板挟みに合っていたり、家族のことで問題が起きたり、食事のバランスが崩れるなどでストレスを抱える状態になっている人もいるのではないでしょうか。

実際にこういう生活環境であればさすがに性のことまで気を配る余裕がないでしょう。こういう状態であれば性機能が低下してもおかしくありません。バランスのとれた食生活や適度な運動、睡眠などを心掛けてください。生活環境が整ってきたら性欲を取り戻すこともできるのではないでしょうか。