高齢者でも性欲は残っている

男性ホルモンについては20代をピークにだんだん減少していきます。そのため、だんだん勃起力が落ちていくという現象が見られますが、高齢者であっても性欲が残っている人もいます。女性であれば閉経が起これば妊娠をするということはないのですが、男性であれば50代であっても精液に精子が含まれている人は多く、90代であっても50%程度の人が精液に精子が含まれているという結果があります。

勃起力が落ちているなど生殖機能は年齢の経過とともに落ちていきますが、性欲はそれほど低下するわけではありません。老人になると性欲が減退して性的な興味が無くなると言われていますが、実際には個人差が大きいです。性的な興味を持ち続けている人は性欲も生殖機能も緩やかなに低下しますが、そういうものに興味が無い人は両方とも急激に低下していきます。

使わない機能は無くしていく傾向にある

生き物は使わない機能については無くしていこうという傾向があり、例えばけがなどで長く寝たきりになると、けがが治ったとしてもうまく体が動かせなくなりますので、動かすためにリハビリが必要になります。健康な人でもそういうことが起きますので、高齢者であればなおさらその傾向が強くなります。

50代になってだんだん勃起力が落ちていくからと言って、性交渉から遠ざかってしまうと、生殖機能がだんだん衰えていきます。生殖機能の低下を感じるようになったのであれば、AVなどで勃起力を高めたりするなどの努力をする必要があります。性欲を低下させないように努力していけば衰えるスピードは緩やかになります。